三和の歴史、それは名古屋コーチンとともに歩んできた道

オフィシャルブログ

さんわグループ オフィシャルブログ

さんわ純鶏物語ブログ BLOG

会社案内

業務紹介

鶏供養(2012年8月)

こんにちは、またまたオソノです。

 

お盆の帰省土産とお中元商戦も一段落、と思いきや、
すぐにお歳暮やクリスマスの打ち合わせが始まっています。

 

そんななか、先週はお盆だったので(会社は通常営業ですが)鶏供養が社をあげて行われました。

 

さんわコーポレーション(製造販売)、オールドリバー(小売)は、
鶏専門店の信念のもと、鶏(一部鴨)一本でさまざまな商品を販売しています。
鶏の命を頂いて商売をさせて頂いているため、感謝の気持ちを込めて、
供養は毎年必ずこの時期に行います。
鶏供養(2012年)
会議室に祭壇をつくり、お供え物をして、お坊さんにお経をあげてもらいます。
そのあいだに、みんなで順番にお参りをしていきます。
その後、工場横にある慰霊塔に移動し、お経をあげてもらっておしまいです。

 

私たち品質管理や開発さんは、製品としてお客様のお口に入る鶏肉以外に、
味や衛生状態をみるための検証などにも大量に鶏肉を使用するため、
私も特に熱心にお祈りさせていただきました!

 

 

さて、販売2部門のうちの1つ、直販部門詰め所には、
名古屋コーチンぽいぬいぐるみがずっと前からいます。
名古屋コーチン(っぽい)ぬいぐるみ
部屋のすみから、じっと彼らのお仕事を見守っている主です。
ひよこぬいぐるみ
それから、直販部門チーフの机には、こんなヒヨコさんもいます。
どう見ても某キャラクターなのですが、倉庫の掃除のとき片隅でホコリまみれで発見されたこの子を、
チーフ(注:30代独身男性)が「こいつはコーチンですよ」と真顔で言うので、
私が洗濯してハチマキをつけときました(笑)
そんな感じで、鶏への感謝と愛を胸に、今日もみんなで元気にお仕事です!

記事一覧へ戻る