さんわの歴史、それは名古屋コーチンとともに歩んできた道

オフィシャルブログ

お知らせ NEWS

商品情報

「名古屋コーチンの日フェア」を全国の店舗で開催します(2019年3月8日~3月10日)

3月10日の「名古屋コーチンの日」にちなみ、名古屋コーチンをより多くの方に親しんでいただく為、2019年3月8日(金)~3月10日(日)にかけて鶏三和を始めとした全国の店舗で「名古屋コーチンフェア」を開催します。

 

フェア期間中に鶏三和を始めとするさんわグループの店舗で販売している商品を1点でもお買い求めいただいたお客様に対し、「三和の純鶏名古屋コーチン鶏だし(顆粒)」を1袋(4g入)をプレゼントします。

 

 

「三和の純鶏名古屋コーチン鶏だし(顆粒)」は、希少な名古屋コーチンから取り出した出汁を粉末にし、旨味を凝縮したもので煮物やお吸い物等、様々な料理にアレンジすることができます。

 

 

ヒナの仕入から販売までの過程をさんわグループで一貫して管理している“こだわり”の「三和の純鶏名古屋コーチン」をこの機会に是非ご賞味下さい。
 

名古屋コーチンの日とは
明治時代に尾張藩士の海部荘平・正秀兄弟によって作出された名古屋コーチンは、約112年前の1905年(明治38年)3月10日に国産実用品種第一号の鶏種として日本家畜協会に認定されたことに由来して、3月10日が「名古屋コーチンの日」となりました。

 

尚、現在さんわグループの公式InstagramとTwitterでも「名古屋コーチンの日キャンペーン」を実施しています。2019年3月15日(金)までに、両方もしくはどちらかのアカウントを「フォロー」していただき、キャンペーン用の投稿の「いいね」していただくだけの簡単応募で参加できますので、こちらも是非ご参加ください。

 

※「三和の純鶏名古屋コーチン鶏だし(顆粒)」の在庫が無くなり次第終了となりますので、詳しくは各店舗にお問合せください。

 

Instagram・Twitter同時開催:名古屋コーチンの日キャンペーンについてはこちらをご参照下さい。

名古屋コーチンについてはこちらをご参照下さい。

三和の純鶏名古屋コーチンのこだわりについてはこちらをご参照下さい。

記事一覧へ戻る